はじめての自分でジェルネイル

はじめてジェルネイルをする人は時間に余裕がある日を選びましょう。

自分でジェルネイルをはじめたばかりのころは、
ジェルが上手くぬれなかったり、
失敗をしたりするため、時間がかかります。

ジェルが手についてべたべたしてしまってそこにラメがついてしまった!とか、 硬化してないのに筆や手で爪の表面を触ってデザインがよれたとか。

最初のうちはそんな小さな失敗もあってあたりまえ。

私もはじめて自分でジェルネイルを塗ってみたときは指1本にクリアジェルを塗るのに5分〜10分もかかっていました。

ジェルのテクスチャーになれないうちは、ジェルが上手くのばせなかったり、ジェルが甘皮や皮膚についてしまうこともよくあります。

自分でジェルネイルをするときは片手がふさがってしまうので、いろいろ不便です。

とくに右手がふさがっているときはなれない左手で細かい作業をこなそうとすると上手くいかなくてイライラすることもしばしば。

なので、ジェルネイルは心と時間にゆとりがあるときにはじめるのがベストです。

自分でジェルネイル、はじめのうちは土日をつかって

ジェルネイルは慣れないうちはおもっている以上に時間がかかります。

ネイルサロンでネイリストさんにやってもらうと1時間半〜2時間程度で大抵のデザインも終わりますが、自分で少しこったデザインを施そうとおもったらそうはいきません。

片手がふさがった状態でのデザインは何かとむずかしく、たとえば、ラメのふたが硬く閉まっていて空けられないなんてときにジェルを塗り途中の手を使ったら、未硬化ジェルが他の指にベットリなんてことも。

そして短気なひとや飽きっぽい人は2度塗りくらいするとジェルを塗るという作業にあきてきます。

自分で塗っているのに面倒になって途中で終わらせたくなるときもあるほど。
慣れないうちはひとつひとつの作業に時間がかかるので、根気が要るのです。

なのでジェルネイルを自分ではじめてする人、まだ慣れていない人は、時間にも心にもたっぷりと時間がある休日を利用してチャレンジしましょう。

平日だと、明日の仕事や睡眠時間が気になって集中できなかったり、細かい作業なので目が疲れてきます。

せっかく自分でジェルネイルをするのだから楽しくしたいものですよね。

ジェルネイルの初心者はかんたんなデザインからはじめよう

自分でジェルネイルをするのに慣れていないうちは、かんたんなデザインからチャレンジしましょう。

かんたんなデザインといえば、控えめなラメジェル、ホログラムの入ったジェルでの1度塗りやラメグラデーション、ラメフレンチなどです。

ラメやホログラムの入ったジェルをクリアの上に1度塗り、そのあとクリアをもう一度塗るだけのデザインなどを何度か練習しているうちにクリアジェルやラメジェルなどの塗り方のコツがつかめてきます。

こつがつかめるまでは、ラメがよれたり部分的に分厚くなったりしてしまいますが、あまり飾り気のないシンプルなジェルネイルを何度も練習するうちに、ジェルネイルを塗るスピードも速くなります。

最初のうちは下準備から完成まで2時間半〜3時間はかかるとおもっておきましょう。

なれてくると1本の指にジェルを塗る時間が短くなり、1時間半〜2時間程度でできるようになります。
ジェルネイルはなにげに根気と忍耐が必要なのです。

オフする溶液はアセトンで充分です。各メーカーやブランドの者をえらばなくてもOK。消耗品なので安いものを選びましょう。

ページの先頭へ
ジェルネイルキット体験レポート
人気ジェルネイルキットのメーカー別比較ランキング
ソルースジェルネイル
シャイニージェルキット
ジェリーネイル
グランジェ
クリアジェルのメーカー別比較ランキング
ソルースジェル
シャイニージェル
カルジェル
グランジェ
ジェルネイルの代表格カルジェルについて
カルジェルとは?
スカルプチャー、他のジェルとの違い
カルジェルのメリット&デメリット
スクールでの資格取得と開業
あると便利なアイテムたち