ネイルのやり方

ジェルネイルのオフを時間短縮!

ジェルネイルのオフの時短ポイント。ラメやホロ、ストーン、スタッズは先に取り除こう
ジェルネイルのオフって何気に時間がかかるんですよね。

ネイルサロンに行くと、ネイルマシンを使って、
短時間でジェル部分を削ってくれるので、
とっても早く終わります。

時間短縮のポイントはジェルの厚みをある程度ファイルで削ること。
ネイルマシンがあればそれもすごく早くできます。

それからもう一つのポイントは!

ネイルパーツを先に爪切りで取ってしまうこと!
スタッズでもストーンでもそうなんですが、
爪切りで挟んで切り取ってしまうと楽です!

こんな感じで爪切りでカットしてしまうといいですよ。

爪切りでストーンやスタッズの周りを囲みこむように刃を入れるといいです。
そうすると周りからきれいに取れて、再利用できるほどきれいに取り除けることもあります。

それから、ラメやホログラム、シールを含んだジェルネイルデザインは、
ただのカラージェルやクリアジェルでデザインしたネイルよりも、
オフするのに時間がかかります。

何故かというと、ラメやホログラムが邪魔して、
アセトンがジェルの一番下の層までしみこまないからなんです。

ラメやホログラム、シールがある場合は、
ある程度ラメやホログラム、シール部分まで削ってしまいましょう!

そうすることで一番下の層のジェルまでアセトンやリムーバーが十分にしみこみます。

ジェルネイルは最初の慣れないうちは作業に時間がかかりますが、
慣れてくれば、どんどんジェルネイルを施す時間も、オフする時間も断宿できますよ!

 

 

↓参考になった!っていう人はクリックお願いします♪↓
にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ
ページの先頭へ

ジェルネイルを全部オフしない!

クリアジェルがわずかに残った爪表面

こちら、昨日UPしたシャネルのワンポイントネイルを施す前の爪です。
自爪にうっすらクリアジェルが残った状態。

ジェルネイルって毎回オフする必要はないんです。
このくらいクリアジェルを残してオフすることができれば、
この上からまたクリアジェルを塗って、デザインしていってOKなんです。

ただし、でこぼこしないように、
クリアジェルがうっすら残った状態を保ちつつ。
バッファーで表面を平らに
します。

爪全体にうっすら残っていなくてもいいんです。

アセトンを使わないで、爪表面を傷めず、
次のジェルネイルができます。

ただし、うっすらクリアジェルを残すというのが何気に難しくて。
それなら、オフしちゃえ~っていう人が多いです。

プロのネイリストさんは、頻繁にジェルネイルをする人で、
前回のジェルネイルがついている状態でネイルをする場合、
うっすらクリアジェルを残して、施術します。

毎月ジェルネイルをする人で爪が薄い人や爪が柔らかい人は、
毎度溶液で落とすと爪に負担がかかってしまうんですよね。

私はネイルマシンで全体的にジェルネイルをオフして、
うっすらクリアジェルを残した状態にするときと、
全部きれいにオフするときとあって、状況に応じて使い分けてますよ。

ネイルマシンを使いこなせるようになってから、こういうことも上手にできるようになりました。

技術(テクニック)はやっぱり経験で向上しますね。

↓参考になった!っていう人はクリックお願いします♪↓
にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ
ページの先頭へ

ネイルマシンを使ってジェルネイルをオフ

ネイルマシンを使ってジェルネイルをオフしました。

 

慣れないうちはネイルマシンの回転速度を低めにして、
ゆっくり丁寧に、ジェルの表面に当てていきます。

ジェルの表面に押しつけるようにしてしまうと、
回転が止まります。

回転速度はある程度なれるまで低めにして、
慣れてきたら回転速度を上げてオフします。

ネイルマシンの削るアタッチメントはいくつかあるので、
慣れないうちはやすりタイプのものを使うのがいいと思います。

私が買ったのはこれの古い版。

3度塗り、4度塗りのジェルネイルは厚みがあるため、
アセトンをたっぷり含んだコットンでも1度で簡単にはがれないことが多いです。

ある程度しっかり、ジェルの厚みが無くなるまで、
ネイルファイルやネイルマシンで削ってしまうと、
オフも時間短縮できますよ!

↓参考になった!っていう人はクリックお願いします♪↓
にほんブログ村 美容ブログ セルフジェルネイルへ
ページの先頭へ

逆フレンチラメラインネイル

逆フレンチラメライン

逆フレンチのラメラインの簡単なやり方のページをつくりました!
http://www.luvnail.com/technical_04_2.html

忙しくてブログ更新もままならなかったのですが。

やっとページを1ページ増やせました~。

この逆フレンチのカラージェルはソルースのガーベラデイジーを使ってます。

部屋の照明がオレンジっぽいので、
赤に近いですが、濃いピンクですよ。

フレンチは大好きなんですが。
自分でやるにはなかなか時間もかかる。

慣れてくると楽なんですけどね。

その慣れは。。。やっぱり練習あるのみ!

プラス質のいいカラージェルと斜めにカットされたフレンチ用のブラシがあるといいですよ!

↓参考になった!っていう人はクリックお願いします♪↓


セルフネイル ブログランキングへ

ページの先頭へ

ジェルネイルのスタッズのつけ方と注意

ジェルネイルにスタッズをつけるのはとっても簡単!

でもしっかりつけないと、スタッズが取れてしまうこともあるのでご注意を!

ジェルネイルでスタッズを付けるタイミングは、
仕上げのクリアジェル、トップジェルを塗る前です。

こちらはカラージェルを2度塗りした後。
スタッズを載せる場所にジェルを塗ります。

スタッズのつけ方、ジェルをスタッズを乗せる場所に塗布する

ちょっとわかりやすいようにたっぷり載せましたが、
もう少し少なくてもいいです。

スタッズはどうやって固定されるかというと、
スタッズの下にあるジェルではなく、スタッズの周りのジェルと、
さらにこの上から塗るトップコート代わりのクリアジェルによって固定されます。

未硬化ジェルの上に乗せるのではなく、
新たにほんのわずかなジェルを乗せた後に、
スタッズを置くと、スタッズの周りにも下に乗せたクリアジェルがはみ出るので、
このはみ出たクリアジェルで仮固定させます。

スタッズをジェルの上に乗せる

この状態で一度、UV/LEDランプに30秒程度いれます。

スタッズを載せて硬化させます

その後、クリアジェルを上からたっぷり目に乗せて、
最終硬化させます。

スタッズの上からクリアジェルを塗る

スタッズの場合、四隅がとがっているので、
その部分がジェルの下に埋まっているのが理想です。

四隅の一部がジェルからはみでてしまったり、
きちんとスタッズ全体がジェルの下にうまっていないと、
髪の毛に引っかかったり、何かの拍子でとれてしまうことも多いです。

この前、スタッズがなんと。。。
カレーのルーの中に混入していました。。

マクドナルドのように混入事件となってしまわないように。
ネイルをしていたら、こういった細かいパーツが料理に入らないように、
トップジェルのコーティングは厚めにしないといけません!

ネイルパーツは知らないうちに取れてしまうことが多いので、
スタッズだけではなく、ストーンやブリオンなどのパーツのときも、
トップコート代わりのジェルは厚めに塗りましょう!

それからスタッズなどのネイルパーツを付けるときに、粘度の高いネイルパーツ用のジェルを使うといいですよ。
ブリオンを付けるときも、このジェルなら粘度がめちゃくちゃ高いので、転がりません。

ネイルパーツ専用ジェル・ビジュージェルがオススメ。

使い方はこちらにも書きましたが、爪楊枝でちょびっとだけ取るのがいいです。

あと、スタッズとかのネイルパーツを使った後は粘度の高いトップコートを使うといいです。
ソルースジェルのパーツオンジェルとかもいいですよ!

↓参考になった!っていう人はクリックお願いします♪↓


セルフネイル ブログランキングへ

ページの先頭へ

« 前ページへ 次ページへ »

ジェルネイルキット体験レポート
人気ジェルネイルキットのメーカー別比較ランキング
ソルースジェルネイル
ジェリーネイル
グランジェ
シャイニージェルキット
クリアジェルのメーカー別比較ランキング
ソルースジェル
シャイニージェル
カルジェル
グランジェ
ジェルネイルの代表格カルジェルについて
カルジェルとは?
スカルプチャー、他のジェルとの違い
カルジェルのメリット&デメリット
スクールでの資格取得と開業
あると便利なアイテムたち