カルジェルのスクールでの資格取得と開業

カルジェルはカルジェルジャパン認定のカルジェルエディケーターから習うことができます。

ネイルサロンでカルジェルを教えているところもあります。
たとえば、ネイルサロンに就職したての人でもカルジェルエディケーターにいるネイルサロンでカルジェルを勉強し、就業している人もいます。

カルジェルエディケーターはカルジェルの販売資格、教育資格を持てます。

カルジェル・ジェルネイルは施術を行うに当たり資格は必ずしも必要ありません。そのためカルジェルエディケーターのいるネイルサロンでカルジェルを習ったり、ネイルスクールを卒業すれば資格がなくても開業はできます。

カルジェルの習えるスクール一覧で通いたいスクール、条件にあったスクールを探してください。

カルジェルの資格

カルジェルの資格はエディケーターライセンスといいます。

エディケーターライセンスは『プレミアステイタス』と『エディケーターライセンス』を取得しないともらえません。

カルジェルの試験は『プレミアステイタス』と『エディケーターライセンス』の2段階になっています。

エディケーターライセンスを取ると、カルジェルの販売、カルジェルの講習、教育ができます

カルジェルの試験には実技試験と筆記試験があります。

テスト内容は筆記の場合、爪の基礎学や衛生、爪の病理学などが含まれます。実技はフレンチネイルやジェルスカルプチャー、ジェルチップオーバーレイ、などが含まれます。d

また試験で使用するカルジェルのカラージェルなど指定があるアイテムの購入が必要だったり、試験費用も掛かります。右上の18番のカラージェルは試験指定色のレッドです。他に46番SW(プレミアステイタス取得の際必要)、01番(エデュケーター取得の際必要)等の用意が必要。

試験に必要な機材はすべて持参する必要があります。

さらにライセンスを取得した後も、ライセンスの更新が必要だったり、試験のお手伝いに行かなくてはならなかったりします。JNAの資格と同じく、ライセンスを取ったら取りっぱなしにできないのがちょっと面倒ですね。

カルジェルで開業、起業ってできるの?

カルジェルはカルジェルエディケーターのいるネイルスクールで学べば、カルジェル事体も購入可能となり、開業もできます。

開業するのに特別資格は要りません。

ただし、他人にカルジェルを教育することはできないので、個人で開業するのにはいいのですが、本格的にネイルサロンをオープンさせるのにはカルジェルを習っただけではちょっと難しいかもしれません。ただ、エディケーターライセンスを持つ人を雇ったりすればそれも可能ですね。

実際にネイルサロンのオーナーはネイルの施術ができない男性の経営者であったりすることが多いです。

開業自体はネイルサロンに限らず個人事業であればとても簡単ですし、お金も特にかかりません。株式会社などにして店舗を借りたりするとなると別ですが、出張ネイリストとして開業したり、自宅でご近所の人にネイルをするなどという場合は個人事業で充分だと思います。

個人事業主になるには2枚の書類を自分の住んでいる地域の税務署に提出するだけです。青色申告申請書と開業届け。これはインターネットでダウンロードできる書類なのでプリントアウトして必要事項を記入し、封筒に入れ、税務署に送付すれば、開業完了です。

それ以外に特に届出なども必要のないのがジェルネイルでの開業のメリットです。
SOHOマンションなど借りて始める人も多いです。ただし、お客さんがつくまでの間の収入のやりくりなどもあるため、個人で開業しながら、シフト制で働けるネイルサロンに在籍している人も多くなかなか余裕のある生活ができるレベルになるまでは時間がかかると思っておく方がいいでしょう。

今は特に、ホットペッパーやクーポンなどで安くできるネイルサロンが増えているので競合も多いです。開業するにはそれなりの自分の固定客を確保するスキルやマーケティングなど、いろんな面での勉強が必要となります。

★青色申告申請書をダウンロード
(国税庁の青色申告申請書に直接リンクしています。)
青色申告申請書(PDF)

★開業届けをダウンロード
個人事業の開廃業等届出手続(PDF) 

あとはその年の経費や売上を翌年の確定申告時に青色申告すればいいだけ。

開業を目的とする場合は、ネイルスクールに通う費用や、教材費、ジェルなどの材料も経費として計上できるので、必ず領収書を取っておきましょう。

 

ページの先頭へ
ジェルネイルキット体験レポート
人気ジェルネイルキットのメーカー別比較ランキング
ソルースジェルネイル
シャイニージェルキット
ジェリーネイル
グランジェ
クリアジェルのメーカー別比較ランキング
ソルースジェル
シャイニージェル
カルジェル
グランジェ
ジェルネイルの代表格カルジェルについて
カルジェルとは?
スカルプチャー、他のジェルとの違い
カルジェルのメリット&デメリット
スクールでの資格取得と開業
あると便利なアイテムたち