ブリオンの乗せ方

エリコネイルのゴールドブリオン

一見簡単に見えるブリオンでのデコレーション。
(写真のブリオンはエリコネイルのゴールド)

これがですね。

意外と難しいです!!

何故難しいかというと、ブリオンは球体なんですよね。
球体だからコロコロ転がって、爪のカーブのところに乗せるときなんかは、ジェルの上を転がって移動してしまうんですよ。

なので、ブリオンでのデザインは思いのほか難しいです。転がらないように、自分の思い通りの場所に置くにはなかなかイライラしますよ。

それにこの大量のブリオンが入った容器から必要なブリオンだけ取り出す、しまうのも、ブリオンが静電気みたいなのを起こして、蓋から離れなかったりと。。何気に面倒です。

ブリオンを乗せる部分にジェルをほんの少し塗る@

ブリオンを乗せる部分にジェルをほんの少し塗る@

まずはブリオンを乗せたい部分にほんのわずかなジェルを塗ります

このほんの少しのジェルを塗りすぎると、ブリオンがころころとすべっていく原因になるので、ブリオンを乗せたい部分にだけクリアジェルを乗せましょう。

筆には目に見えないくらいの量のジェルが付着した筆先で容器からブリオンを取り出すのがいいです。

少しだけ蓋に出そうとしても、蓋からブリオンが零れ落ちて散らばることが多いです。
筆でブリオンを必要なだけ取り出します

取り出す場所はシワを付けたアルミホイルがいいです。
シワで凸凹したアルミホイルはブリオンが転がってどこかに行ってしまうのを防げます。

ブリオンを乗せるA

ベースのラメジェルを塗る

ブリオンを筆先で取ったら、爪に乗せていきます。

乗せる場所は爪の中央寄りの部分からにしましょう。
爪のサイドになればなるほど、爪のカーブの重力に負けて転がっていきます。

まずはブリオンが転がりにくい爪中央から載せます。

ブリオンは筆先を使って動かします。

筆にはジェルがついていない状態で動かすと上手く移動させることができます。

ブリオンを乗せたら転がらないうちに硬化させる

ブリオンを乗せたら転がらないうちに硬化させる

慣れないうちはブリオンを1つ乗せたら、
転がらないうちに硬化させてしまいましょう。

転がらないように、指をランプに入れる角度を考えて入れるのがポイント。

ブリオンが重力に負けて転がらないように指を入れると上手くいきます。

少量のジェルで硬化させるので、硬化時間は10秒ほどで充分。
硬化してしまえばブリオンは動かなくなります。

ブリオンの周りにジェルをたっぷり塗る(1度塗り)B

ラメフレンチのラメ1度塗り

ブリオンは小さいので、ジェルを塗っても突起します。

ストーンでもその他のジェルネイルのデコレーションアイテムはどれもそうなのですが、完全にジェルで埋めてしまう方が持ちがいいです。

ジェルからブリオンが飛び出ていると、そこが何かに引っかかって取れてしまうからです。

この前、カレーの中から私のネイルのスタッズが出てきたときはビックリしましたからね。

お米を研いでて、ブリオンが取れてしまうなんてことの無いように、きっちりジェルに埋めるのがポイントです。

ただし、ブリオンのように突起しているものを埋めるとき、筆の動かし方が荒いと気泡ができてしまいます

気泡ができないように、ブリオンとジェルの接触部分もきちんとジェルを塗って埋めてあげましょう。

ソルースのようにテクスチャーが柔らかいジェルの場合、薄く複数回にわたって塗って、硬化させましょうきちんと埋まれば凸凹が無くなります。埋まってしまうと見た目のかわいさは半減してしまいますが、モチの良さを考えるとジェルに埋めてしまうのが一番です。

クリアジェルが塗り終わったら120秒UVランプに入れます。
ブリオンが埋まったら未硬化ジェルをふき取って完成です!

フレンチ+ブリオンできあがりの写真

フレンチ+ブリオンできあがりの写真

ちょっとブリオンの埋めが甘かったかなぁ。
小指はブリオン3つでよかったかなぁなど反省点有です。

ページの先頭へ
ジェルネイルキット体験レポート
人気ジェルネイルキットのメーカー別比較ランキング
ソルースジェルネイル
シャイニージェルキット
ジェリーネイル
グランジェ
クリアジェルのメーカー別比較ランキング
ソルースジェル
シャイニージェル
カルジェル
グランジェ
ジェルネイルの代表格カルジェルについて
カルジェルとは?
スカルプチャー、他のジェルとの違い
カルジェルのメリット&デメリット
スクールでの資格取得と開業
あると便利なアイテムたち