ジェルを落とすとき爪を傷めないポイント〜ジェルネイルの下準備

ジェルネイルを自分ではじめる人のためのセルフジェルネイルガイド

ジェルを落とすとき爪を傷めないポイント


ジェルネイルをオフするときに爪を傷めないポイントは、ジェルを削りすぎないことです。

100Gの粗めのファイルで表面を削りすぎると、自爪まで削ってしまうことがあります。

ジェルをオフするときはつい時間を短縮しようとして、ファイルを強く押し当てたり、乱暴に削ってしまいがち。

とくにせっかちさん、私みたいな短気の人は、アバウトに力を込めて削ってしまい、爪の中央が削れ過ぎてしまうことも、しばしば。

また甘皮付近もアバウトに削ってしまうと、皮膚が傷ついてしまいます。


ジェルネイルのオフは丁寧に



ジェルネイルのオフはとにかく丁寧にがポイント

力を入れすぎてしまう人やジェルを薄めに塗っている人は、目の細かいファイルを使いましょう。

180G〜230Gのファイルで細かく動かし、サイドや爪先端までムラなく、まんべんなく削るといいでしょう。

また、ラメやホノグラム、カラージェルの重ね塗りをしている部分はある程度しっかり削っておかないと、ジェルに溶液が浸透せず、オフに時間がかかります。

アルミホイルで指を巻いているときも、最低10分ははがしたり動かしたりせずに、まちましょう。

そして、溶液はケチらずに、たっぷりとコットンに含ませるのもポイント。

溶液を滴り落ちるくらいに含ませてから、爪に乗せ巻きます。

ちなみに、溶液やジェルの質、デザインでオフの時間はかなり変わってきます

おもった以上に、すんなり剥がれないな?とおもったら、ジェルの質をチェック

それでもおかしいな?とおもったら、溶液の表示指定成分を確認しましょう。

アセトン以外に保湿剤やオイルなどがたくさん含まれていると、肝心のアセトンの割合が少ないためジェルに浸透しにくいのです。

落とす溶液はさまざまで値段もかなり幅がありますが、主成分アセトン以外のものが多く含まれているものは避けましょう。


おススメの安くて使えるジェルリムーバー 500ml 630円

ジェルネイルのオフ

ジェルによって違うオフの仕方
カルジェル・ソフトジェルの落とし方
落とすとき爪を傷めないポイント

ジェルネイルの下準備

ネイルを始める前の準備
自分の爪のお手入れ
クリアジェルを塗る
ジェルネイルのオフ


友達に教える
セルフジェルネイルTOPへ

運営元情報