LEDランプで硬化する新ジェリーネイル使用体験レポート

ジェリーネイルは以前からふき取りなしのタイプのジェルで人気のジェルネイルキット。

この度新しくなってパッケージもかわいく、LEDランプでの硬化タイプのジェルになりました。

LEDランプで硬化するタイプのジェルはいくつかありますが、手で持って照射する懐中電灯のようなLEDランプで、場所も取らないため、セットの箱もかなりコンパクトで小さかったです。

今なら、カラージェルが2つ選べてのセット価格9,980円
ジェリーネイルのホームページはこちら

セットには、クリアジェル4gも2つ(トップコート用とベース用)ついてきます。乾電池はLEDランプのために3個必要で、それは付属していません。

今回のキットは筆の質もだいぶ良くなって、前のジェリーネイルの筆と違って毛先がちゃんとした毛になっています。(前回のキットは毛先が短く、幅も狭くて塗りにくかった)なので最低限のキットとしては申し分ない感じ。私としてはラメとかついているキットはあまり好みではないので、シンプルになってよかったとおもいます。

ちなみに、新しくなったジェリーネイルはふき取りようのクレンザーなども必要ないため、液体は除去ようのアセトンのみです。なので本当に箱に入っているものはシンプル。

カラージェルが入っている箱はかなりかわいいです。

ジェリーネイルのクリアジェルとカラージェルの特徴

新しくなったジェリーネイルのジェルはLEDランプで硬化するタイプだからか?

テクスチャーがかなり緩いです。

厚みを出して塗るタイプではないので、うす付きでも硬化して、クレーター状になったり縮むこともないです。
(ただ爪先にもしっかり塗りましょう)

クリアジェルに関しては、容器がほぼ見た目一緒なのですが、トップとベースにジェルが分かれているので、間違えないように使ってください。

カラージェルは容器に対してちょっと少ない印象ですが、たいていのジェルメーカーが同じで、漏れなどを防ぐために少し大きめの容器に入れるものなので不良品ではないです。

アルミのふたも開けやすかったですね。

選べるカラージェルはかなり豊富だったので、ベージュピンク(ネールピンク013)と薄いパープル(ラベンダー027)を選びました。

カラージェルはボトルの底からしっかり混ぜてから使わないと色味が出ません

カラージェルはボトルでは色味がありますが、顔料と分離していることがあるため、ボトルの底から爪楊枝でこれでもかというほどグルングルンとがっつり混ぜないと色づきが薄くなってしまいます

口コミでも、色味が思ったより薄いという声がみられますが、たぶん、このかきまぜが甘かったのでしょう。私も一度目はこのかきまぜが甘くて、色味が出ず5度塗りくらいしました。

でももう一度がっつりかきまぜたら2〜3度塗りできれいに発色しました。

テクスチャーがゆるいため余計にそうなのですが、盛って塗るとLEDランプでの硬化にむらが出るのでお勧めしません。

ちゃんとかきまぜて普通に塗ってLEDランプで硬化をするのが一番。

硬化時間は仮止めなら10秒と短いので、こまめに照射していろんな角度でむらなく光を当てて硬化させるのがポイント。

このLEDランプが結構使い勝手が難しいです。後ろのボタンを押すとランプがつくのですが、爪のサイドなどにもしっかりと当たるように反対の手でLEDランプを当てるのには少しこつがいります。

LEDランプの照射が甘いと、完全硬化せず、べたつきが残り、べたつきが残るとツヤが出ないで曇ってしまいます。なので、LEDランプは小さいし、使い勝手もよさそうですが、まずは指一本試してみるのがよさそう。あとはクリアジェルのベースコートとトップコートを間違えないこと!もポイント。
容器の見た目は一緒なので気を付けましょう。

ジェリーネイルのみでの硬化後はふき取りは必要ないです。LEDを当てた後失敗していなければべたべたは残りません。べたべたがこのる場合はもう一度トップのクリアを塗って1分硬化をしてみるといいかも。間違ってふき取ってしまうと曇ってしまうのでご注意ください!

ジェリーネイルでホログラムドットのパステルカラージェルネイル

ジェリーネイルのネールピンク013とラベンダー027、シルバーのホログラムを使ってドット柄のネイルにしました。クリアジェルを下地に1度塗り、そのあと、ベージュとパープルを交互に塗りました。

塗った回数は1本につき2〜3度塗りカラージェルは必ずがっつり混ぜてから塗ってください。ジェルのテクスチャーがゆるいため思ったほど厚みは出ませんでした。のり代わりにクリアジェルを一度塗り、最後はホログラム(エリコネイルのシアバーホロ)をランダムにのせて、トップコート用のジェルを塗ります。

JELLY NAIL(ジェリーネイル)キットの内容

ジェリーネイルストーン

箱がかわいくて、ムダなものが入っていないのがポイント高いです。以前はラメとかストーンがはいっていたのですが、質がいまいちでした。

とにかく筆の質が上がったのはうれしいですね。

LEDランプと簡単な説明書がついてきますが、説明書の内容はもう少し細かくLEDランプについての説明が欲しかったかも。

LEDランプには単4電池が3本必要です。

あと、選べるカラージェルは濃いめの色を選択したほうがいいかも。

ベージュなどの薄い色は発色がもともと薄いので、色をしっかり出すにはどうしても重ね塗りが必要になります。

濃い色味のものを3〜4度塗りで済むように塗る方が初心者には向いています。

重ね塗りは、ムラになったり、厚みが出たりもしますし、何より時間がかかります。LEDランプは指1本に対して最終硬化のときは1分なので、最後の硬化には片手で5分かかります。

UVランプだと片手があきますが、LEDランプだと片手で照射しないといけないので、何気に時間がかかるのです。仮止めは10秒で済みますが、時間的に考えてもUVランプのジェルと総合的な時間が短縮になるわけでもないです。

ただ、やっぱりUVランプのように場所を取らない!というのがLEDランプの一番のメリットと言えます。

LEDランプタイプのジェルネイルにチャレンジしたいという人には気軽に試せるキットだと思います。

JELLY NAIL(ジェリーネイル)
LEDランプキットの内容
クリアジェル 4g(トップコート・ベース) 2個
カラージェル 3g(色が選べます)
ジェルブラシ 1本
アセトン(60ml) 1本
UVランプ LEDランプ1個(単4電池3本が別途必要です)
その他 ★技術方法の説明書付き
価格 9,980円

ジェリーネイルLEDランプジェルキットのページへ

ジェルネイル初心者に人気のスターターキット

ページの先頭へ
ジェルネイルキット体験レポート
人気ジェルネイルキットのメーカー別比較ランキング
ソルースジェルネイル
シャイニージェルキット
ジェリーネイル
グランジェ
クリアジェルのメーカー別比較ランキング
ソルースジェル
シャイニージェル
カルジェル
グランジェ
ジェルネイルの代表格カルジェルについて
カルジェルとは?
スカルプチャー、他のジェルとの違い
カルジェルのメリット&デメリット
スクールでの資格取得と開業
あると便利なアイテムたち