ジェルネイルのリフィルのやり方

ジェルネイルのリフィル前の状態

爪の根元が伸びてきたら、まずは今あるジェルネイルと爪が伸びてきた部分の下準備をします。

まずはトップコートをスポンジバッファーやファイルである程度削ってしまいましょう。

カラージェルがむき出しになるくらいまで、トップコートの部分のジェルをファイリングします。

全体的にジェルが曇った状態になると右のような状態になります。

リフィルをするタイミングはジェルネイルを施してから2週間〜3週間ほど、根本が浮いて来たり、爪先が浮いてきたり、爪が明らかに伸びていると分かってしまう状態になったらお直しのタイミングだと思いましょう。

ジェルが浮いた部分はネイルニッパーでカットしてしまいます。

ちなみにリペアのときもジェルネイルをはじめる前もグリーンネイル防止のため、きちんと手は洗い、できれば消毒しておきましょうね。

甘皮の処理(甘皮の押し下げと余った甘皮のカット)

ジェルネイルのリフィルのための甘皮の処理の様子

ジェルネイルのクリアジェルの部分をファイリングしたら次は新しく生えた爪の根元のお手入れです。

キューティクルストーンやプッシャーなどで甘皮を押し下げた後、甘皮をネイルニッパーでカットします。

この辺りは、ジェルネイルをはじめて塗るときと同じ下準備です。

この時ジェルに厚みがあるとお手入れしづらいので、ジェルはなるべく、第2層目くらいまでファイルやスポンジバッファーで削っておきましょう。

第2層目とは、1回目のクリアジェルを塗った後に塗るカラージェルのこと、カラージェルの発色によっては2〜3度塗りをしてさらにその上からクリアジェルを塗るので厚みがでます。

厚みがあると、新しく生えてきた爪の根元の部分のお手入れがしにくくなるので、もともと塗ってあったジェルはある程度まで薄くすることで、根本との段がなく、小さい面積の爪の根元の部分がお手入れしやすくなります。

爪が伸びた部分のファイリング

爪が伸びた部分のファイリング

生えた爪の根元のお手入れです。

新しく生えてきた爪の根元をきちんとファイリングすることで、ジェルの密着度がアップします。

プロのネイリストさんはジェルを塗る時間よりも、ジェルを塗る前のお手入れに時間をかけます。

ネイルの専門用語でいうとプリパレーションといいます。

甘皮の処理や爪の根元がいかにきれいに整っているか?というのはプロと素人の技術力の差としてもでるところです。

この時にジェルの厚みが残っていると、きちんとまんべんなくファイリングできずに、自爪を無駄に削ってしまうことになります。

ひとつひとつの工程を丁寧に行えば、リフィルでもジェルネイルは長持ちしますよ。

爪の長さと形を整える

ジェルネイルのリフィル前の爪の長さと形を整える

爪が伸びてしまうともちろん、長さも出てしまいますよね。爪の長さが気になる人は、爪の形をスポンジバッファーやファイルで整えましょう。

爪切りはNGです。

この時に注意したいのは、あまり力を入れずに、一方方向にファイルを動かすこと。

そうしないと、リフィルのために薄く残したジェルがはがれてしまうこともあるからです。

せっかく自爪の表面を傷めないようにリフィルをするのに、中途半端に剥がれてしまってはもったいないですよね。

なので爪の長さ、形を整える時も丁寧に、ファイルに力を入れずにやさしく行いましょう。

ダストを取除く(クリーナー)

ジェルネイルのリフィル前・ダストを取除く(クリーナー)

甘皮や自爪の処理も終わり、爪の形も整いったら、クリーナを付けたスポンジや不織布などで爪の周りのダストを丁寧に取り除きます。

この時、爪の内側もきちんとふき取っておきましょう。

クリーナーでなくとも、消毒用エタノールなどでも代用可能です。

私が今回使用したのはカルガードです。
いろいろなメーカーからクリーナーは出ていますが、使っているジェルネイルのメーカーのもの以外でも代用可能です。

この下準備は爪表面の油分や水分を取り除くためでもあります。(※剥がれにくくなる

爪の根元からベースコート代わりのクリアジェルを塗る

ジェルネイルのリフィル・クリアジェルを塗布

爪が伸びた部分からベースコートのクリアジェルを塗っていきます。根本に少したっぷりつくような感じで塗ります。

そうすることで、2層ほどで残した古いジェルとの段差が目立たなくなります。

ただし、甘皮につかないように、流れない程度にしましょう。

クリアジェルは根本から全体的に伸ばし、爪先の部分まできちんと塗ります

それから通常通り、UV/LEDライトで硬化させます。
(各メーカーの硬化時間)

あとは、普通に上からカラージェルを塗ります。

リフィルで上から塗るカラージェルは濃いめの同系色で

ジェルネイルのリフィル・カラージェルを塗布

上から塗るカラージェルは下にあるカラージェルと同系色もしくは同系色の少し濃い色を選ぶと失敗しません。

今回はソルースのオレンジレッドの上から、ファイヤーブリック(レッド)1度、さらに上からオレンジレッドを1度塗りました。

ソルースのファイヤーブリックは発色もいいため2度塗りで充分です。

この時も根本に少したっぷりつくような感じでジェルを乗せていきます。

そして爪先部分まで塗ります。

硬化させたら、トップコート代わりのクリアジェルを塗って、クリーナーで未硬化ジェルをふき取れば、終わりです。

リフィルはオフして最初から塗るよりも短時間でできるし、自爪は伸びた部分だけしかファイリングしないので、爪にも優しいです。オフするための溶液も使わないのでエコですよね。

リフィル-ダイヤモンドカットストーンワンポイント

リフィルできあがりの写真

ワンポイントに使ったのはダイヤモンドカットストーン。
使ったカラージェルはソルースのファイヤーブリックです。
リフィルでも最初から塗ったかのようなきれいさですよね!

ページの先頭へ
ジェルネイルキット体験レポート
人気ジェルネイルキットのメーカー別比較ランキング
ソルースジェルネイル
シャイニージェルキット
ジェリーネイル
グランジェ
クリアジェルのメーカー別比較ランキング
ソルースジェル
シャイニージェル
カルジェル
グランジェ
ジェルネイルの代表格カルジェルについて
カルジェルとは?
スカルプチャー、他のジェルとの違い
カルジェルのメリット&デメリット
スクールでの資格取得と開業
あると便利なアイテムたち